障害年金活用法

障害年金とは、傷病によって
一定程度の障害の状態になった者に対して支給される年金です。
しかし手続きや制度が複雑で
特に障害のある方にはとても困難なのも現実です。
今ではインターネットでも申請代行も可能です 
詳しくは障害年金についての相談は社会保険労務士にするのがよいでしょう


このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

 >>関連ブログ紹介<<

 発達障害.net    障害者雇用情報.com    障害者求人情報

2007年11月15日

 障害基礎年金

障害年金(しょうがいねんきん)とは、傷病によって、一定程度の障害の状態になった者に対して支給される年金である。労働災害(労災)の際に支給される年金については、労働者災害補償保険(労災保険)の項を参照。
受給要件
* 国民年金の保険料を、納付すべき期間(加入期間)の3分の2以上、納付済みであるか、または免除を受けていること。
o ただし、初診日が平成28年4月1日前にある傷病による障害については、「当該初診日の前日において当該初診日の属する月の前々月までの1年間のうちに保険料納付済期間及び保険料免除期間以外の被保険者期間がないとき」つまり「初診を受ける前の日の年金納付状況をみて、初診日の月の13ヶ月前から 2ヶ月前の1年間すべて、保険料を納付するか免除されていれば障害年金を受給できる(平成28年3月末までの経過措置)。
* 20歳未満ではじめて医師の診察を受けていて、障害の状態で20歳に達するか、または、20歳以降で障害の状態になること(20歳前傷病)。
障害認定時
* 初めて医師の診察を受けたときから、1年6月以上経過したときに障害の状態にあること
* 初めて医師の診察を受けたときから、1年6月以上経過する前に傷病が治った場合で、治った際に障害の状態にあること

(上記は、原則である。「人工透析」などは透析開始日から3ヶ月で認定となる様に、「例外」が存在する。)
年金額
2007年度の額は2006年度と同じ
* 1級 年間792,100円×1.25(月額約82,510円)+子の加算 
* 2級 年間792,100円(月額約66,008円)+子の加算

子の加算 第1子・第2子 各年間227,900円、第3子以降各年間75,900円
子とは、請求時に「生存している子」若しくは「妻の胎内に胎児として存在していた子が出生した後」であり、その対象者が18歳到達年度の末日を経過していない子、または、20歳未満で障害等級1級または2級の障害者をいう。


「フリー百科事典ウィキペディア」出典
詳しくはリンクページからご覧下さい。

posted by 障害年金活用法 at 13:14|  障害基礎年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。