障害年金活用法

障害年金とは、傷病によって
一定程度の障害の状態になった者に対して支給される年金です。
しかし手続きや制度が複雑で
特に障害のある方にはとても困難なのも現実です。
今ではインターネットでも申請代行も可能です 
詳しくは障害年金についての相談は社会保険労務士にするのがよいでしょう


このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

 >>関連ブログ紹介<<

 発達障害.net    障害者雇用情報.com    障害者求人情報

2007年11月15日

 特別障害給付金

制定の背景

* 国民年金制度の導入時には、20歳以上の学生や配偶者(多くはいわゆる主婦)が強制加入の対象者ではなかった。このため、旧制度の下で、20歳以上で国民年金に未加入であった期間に、現行制度における国民年金の受給対象である障害の状態になったにも関わらず、障害基礎年金の受給資格が得られず、支給を受けられない対象者が生じることになった(未加入者問題)。
* これに対して、全国各地で訴訟が提起され、下級審判決の中で、支給しないことを違法とするものも現れた。
* これを受けて、2004年に特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律が新設され、一定の要件の下で、旧制度下での未加入者に対して、給付金が支給されるようになった。
* なお、現行法の下での年金未納者については、特定障害給付金制度による救済は受けられない
対象者
* 1992年3月以前、学生である時、任意加入の未加入であった時期に初診日がある者、または、1986年3月以前、第2号被保険者の配偶者である時、任意加入の未加入であった時期に初診日がある者。
* 障害基礎年金による障害の状態にあること。
* 65歳到達日前に請求を行っていること。
受給額

(2007年度)
障害基礎年金1級相当(月額) 50,000円(2級の1.25倍)* 障害基礎年金2級相当(月額) 40,000円

 請求の翌月からが受給対象となり、遡りはない。
残された問題
特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律の新設によって、未加入者問題の救済が図られたが、なお、20歳前傷病者との区別に合理性があるか、憲法14条1項の定める平等原則との関連等で議論が残されている。 また、年金制度全体についていえることだが、生活保護と比較しても、国民年金や障害基礎年金の額が、十分であるかについても、議論がある

「フリー百科事典ウィキペディア」出典
詳しくはリンクページからご覧下さい。
posted by 障害年金活用法 at 13:16|  特別障害給付金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。